保険金の支払い

  • 地震保険では、保険の対象である建物または家財が全損、大半損、小半損、または一部損となったときに保険金が支払われます。
    建物・家財
    全損 地震保険の保険金額の100%(時価額が限度)
    大半損 地震保険の保険金額の60%(時価額の60%が限度)
    小半損 地震保険の保険金額の30%(時価額の30%が限度)
    一部損 地震保険の保険金額の5%(時価額の5%が限度)
  • 全損、大半損、小半損、一部損の基準

<建物>

基準
全損 地震等により損害を受け、主要構造部(土台、柱、壁、屋根等)の損害額が、時価額の50%以上となった場合、または焼失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の70%以上となった場合
大半損 地震等により損害を受け、主要構造部(土台、柱、壁、屋根等)の損害額が、時価額の40%以上50%未満となった場合、または焼失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の50%以上70%未満となった場合
小半損 地震等により損害を受け、主要構造部(土台、柱、壁、屋根等)の損害額が、時価額の20%以上40%未満となった場合、または焼失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の20%以上50%未満となった場合
一部損 地震等により損害を受け、主要構造部(土台、柱、壁、屋根等)の損害額が、時価額の3%以上20%未満となった場合、または建物が床上浸水もしくは地盤面より45cmをこえる浸水を受け、建物の損害が全損・大半損・小半損に至らない場合

<家財>

基準
全損 地震等により損害を受け、損害額が保険の対象である家財全体の時価額の80%以上となった場合
大半損 地震等により損害を受け、損害額が保険の対象である家財全体の時価額の60%以上80%未満となった場合
小半損 地震等により損害を受け、損害額が保険の対象である家財全体の時価額の30%以上60%未満となった場合
一部損 地震等により損害を受け、損害額が保険の対象である家財全体の時価額の10%以上30%未満となった場合

 

  • 保険金をお支払いできない主な場合
    • 故意もしくは重大な過失または法令違反による損害
    • 地震の発生日から10日以上経過後に生じた損害
    • 戦争、内乱などによる損害
    • 地震等の際の紛失・盗難の場合

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です