地震保険の補償内容

  • 居住の用に供する建物および家財(生活用動産)。
    以下のものは対象外となります。
    工場、事務所専用の建物など住居として使用されない建物、1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・宝石・骨とう、通貨、有価証券(小切手、株券、商品券等)、預貯金証書、印紙、切手、自動車等。
  • 火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内で地震保険の保険金額を決めることが可能です。ただし、建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です